いろいろあるある情報館

今世間で話題になっているニュースをまとめてお届け。

Uncategorized

いっこく堂がくも膜下出血から新技を生み出し完全復活!(画像あり)

いっこく堂がくも膜下出血から新技を生み出し完全復活!(画像あり)

いっこく堂がくも膜下出血から新技を生み出し完全復活!(画像あり)


a

いっこく堂がくも膜下出血のリハビリで新技!



「外傷性くも膜下出血」および「両側前頭葉脳挫傷」から復帰した腹話術師のいっこく堂(53)が、リハビリから生み出したという“新技”を披露し、完全復活をアピールした。 
いっこく堂は26日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」に生出演。自身の代名詞である「声が遅れる」芸のほか「言葉と口の動きが全く合わない」という新技も生披露し、出演者らをうならせた。

司会のバナナマン設楽統は「音声トラブルが起きてるみたい」と感嘆。いっこく堂は「(リハビリで)『筋肉が動くかな?』ってやっているうちに、こういうのもできるなって」と“ケガの功名”で生み出された技だと明かし、「(体調は)もう100%です」と語った。

いっこく堂は3月21日夜に意識を失って転倒し顔面を強打。救急搬送され、「外傷性くも膜下出血」および「両側前頭葉脳挫傷」と診断された。

a

いっこく堂、くも膜下出血のリハビリで新技も (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

いっこく堂



いっこく堂(いっこくどう)は、腹話術師である「いっこく」と腹話術人形によるチーム名をさす名称である。片手あるいは両手に人形を持って腹話術をする。たまにコップなどを使って腹話術をすることもある。

歯が1本欠けているので声が歯の隙間から出るため、顎を全く動かさずに声を出すことが可能(「時間差芸」の時は口を大きく開けることも多い)。破裂音も難なく発することが出来る数少ない腹話術師(本人曰く、破裂音を発する際に必要な下唇の代わりに舌を使っているという)。人形の声を入れ替えたり、唇が動いた後に声を出すことも可能。英語も堪能で、アメリカでも口演した。

a

いっこく堂 - Wikipedia

関連動画



いっこく堂~

スポンサーリンク


続きを読む

-Uncategorized

×
モファズ